年齢によって違う?ダイエットの理想的な実践方法

年齢を考慮した指導が重視されるダイエット

ダイエットをしたいという状況になるのは老若男女を問いません。まだ子供なのに太ってしまって何とかして痩せなければならない人もいます。ちょうど大人になった頃で魅力を見出すために痩せたいという人もいるでしょう。高齢者になって心身の健康が不安になってダイエットに取り組む人もいます。その年齢に応じて適した方法を用いなければならないのが事実であり、ダイエットクリニックでは患者の年齢に応じた指導をすることが重視されています。

基礎代謝と身体の成長の考慮

年齢を考慮することの大きな理由は基礎代謝量に違いがあることと、身体がまだ成長しているかどうかによる影響があることです。加齢と共に基礎代謝が低下してしまい、身体も丈夫ではなくなって運動をするのが難しくなりがちになります。そのような状況では食事を減らすことに重点を置いたダイエットが推奨されるでしょう。一方、子供のようにまだ身体が成長している時期には過度に食事制限をすると発育不良が起こる可能性があり、運動を中心としたダイエットの指導が行われるのです。

健康維持のための方法も大切

ダイエットの指導を受けるときには健康維持の方法についても考慮してもらうことが大切です。特に高齢者になって食事を減らすダイエットをするようになると栄養が不足する問題が生じがちです。野菜不足が起こらないように青汁を飲んだり、タンパク質不足にならないようにプロテインを使用したりすることも稀ではありません。子供の場合には運動のし過ぎで関節が痛まないようにサプリメントを使用するケースもあります。健康維持の方法も年齢とダイエットのやり方に応じて適切に選ぶ必要があるのです。

ダイエットクリニックの治療実績にこだわりたい場合には、内科や消化器科などの経験豊かな医師からアドバイスをもらうことが良いでしょう。