部分別に見る!自分で出来る脱毛処理の方法

うなじ部分を自分で処理する方法

脱毛を自分でするメリットは手軽である点とコスト面でサロンやクリニックよりもずっと抑えられるという点にあります。しかし、うなじや襟足部分は自分では見えにくい部分なので、難しい部分になります。出来れば、家族の協力を得られることが望ましいですが、どうしても自分で処理するばあいには、三面鏡などを使って、自分で見えるようにしてから行なうことをオススメします。そして、カミソリよりも電気シェーバーを使用するようにしてください。電気シェーバーの方が横滑り防止されているものが多いため、誤って皮膚を切ってしまうというトラブルが少ないです。

自己処理後は保湿ケアが重要!

サロンやクリニックで脱毛処理を受けた後は、必ず保湿ケアなどのアフターケアをしてくれます。それと同様に、自己処理をした場合にもアフターケアを必ず行ないましょう。このケアをすることによって肌の色素沈着や毛穴の炎症、肌荒れなどを防ぐ事が出来ます。多くの人が、お風呂場で処理をすると思いますが、お風呂上りにはフェイスケアと同様に、脱毛した部分にも化粧水や保湿クリームなどでしっかりと保湿ケアをしてください。また、うなじ部分は直射日光に当たりやすい部分ですが、髪を下ろしたりハイネックのものを切るなどしてなるべく避けるようにしてください。

サロンなどでプロの力を借りるのもアリ!

うなじ部分の毛は、比較的太い毛であることが多いため処理をしてもすぐに生えてきます。そこで、安全でしっかりとキレイにするならサロンやクリニックを利用することもひとつの方法です。うなじ部分の脱毛には様々なデザインがあるので、自分の好みの仕上がりを選びましょう。例えば両サイドが長めになるような仕上がりや、アーチ状・パッツンなどがあります。個人差がありますが、3回から6回ほどの継続的な施術が必要となりますので、通いやすいところを選ぶようにしましょう。

医療脱毛を新宿で契約を結ぶ際には、多数のコースが用意されているクリニックにお世話になることが重要となります。